庭日記

今回は、アプローチ兼主庭の改修工事について紹介します。

 

 

17531.jpg  17532.jpg

 

改修前はただ導線上に平板が並んでいるだけで草も伸び放題で

雨の日などは、家に入る際足元を汚してしまう状態でした。

 

17540.jpg  17539.jpg  17536.jpg

 

まず正面の大きな窓を生かすために縁側を作成しました。

通常、柱は木材や鋼製束を使用しますが、それだと玄関に向かう際

どうしても縁の下に目が行ってしまうので今回は、大谷石を使用。

石を使うことで見た目も全く気にならなくなるだけでなく、耐久性も増しています。

 

17537.jpg    17535.jpg

 

導線は既存の平板を加工し敷き直すことで歩きやすさもあがりました。

平板周辺の雑草に覆われていた所は芝と砂利で雨の日の泥跳ねなどを防いでいます。

また、無機質で浮いていたブロック塀は左官で黒く塗ることで、うまく

庭にとけこみました。

 

17538.jpg

足も汚れることなく緑に覆われてこれからは帰宅も少し楽しくなることだと思います。

 

 


リビング・ダイニングに面したテラスの改修工事のご紹介です。

施工前の写真のように、ブロック塀で囲われたテラスです。近隣の建物が高いため、既存ブロック塀の高さだけでは、

目隠しの効果がなく、せっかくの開口の広い窓もカーテンを閉めての生活でした。

ブロック塀は、基準高まで積み上げられていますので。これ以上高さを出すためには、木材が一番いい(木材しかないかも)です。

施工中の写真のように、ブロック天端に金物で柱を固定して所定の高さまで立ち上げます。

今回は、木材を縦張りにしました。杉の板に防腐剤を塗装(お客様に手伝って頂きました)

一部ベンチを増設(デッキ材と同じセラガンバツ)

これで近隣を気にする来なく、カーテンを開け生活。時に、テラスに出て朝食なんかもいいかもしれません。


こんにちは。

今回は田んぼの進捗状況を報告します。

 

今回の作業では、先生に設計していただいた図面を元に全体の遮水槽形成、水口(排水)用の塩ビ設置を行いました。

田んぼ作成の初期段階で一度、赤土で床を固めていた事もあり常に入水があれば水は溜まると確認できていたためスクメタイトは5%使用しました。

 

 

耕運機を用いてよく攪拌します。              その上に普通の土を投入。ユンボで踏み固め床は完成です。                            

15878.jpg15879.jpg

それぞれ15cmほどの高さで土を盛っています。

出水を防ぐため畔にもスクメタイトを混ぜた土を上から押し固めました。

 

 

普通に埋め込むだけでは塩ビの周りから水が染み出てしまうので,畔と同じように土嚢で芯を作り遮水槽を形成しました。

15875.jpg15874.jpg

 

 

遮水槽の形成を終えて無事に水が溜まっています!

どこか水漏れを起こしている場所があるようですが上流のオーバーフローだけで安定して10cm程度溜まっていました。

15869.jpg

 

 

このままではただの池なので、今後は入水口と止水時に水を逃がす水路を作成する予定です。

作業が進行したらまた報告したいと思います。


2020/05/10

先日、会社の敷地内にて石張りの工事を行いました。

 

今回もベースの打設から仕上げまですべて自社で行いました。

 

 

車も載るのでしっかりと打ってあります。

土留め兼型枠に枕木を据え付けてあります。

DSC_1433.JPG

 

千鳥に並べていってこのような仕上がりに。石を張る作業は2日程度で終了しました。

ここから倉庫へ向かう園路が続いていきます。

DSC_1447.JPGDSC_1493.JPG

 

 

今回使用した石は、自然のままの状態で形、大きさがすべて微妙に違うのでどこを合わせて綺麗に見せるか、そして誤差をどこで調整するか

その収めどころなどに苦労しました。また不揃いだからこそ綺麗に並べるための水糸もより重要になってくると痛感しました。

今回の作業を通して、それぞれ違う自然の形を生かす大変さと、それをまとめるおもしろさを新たに発見することができました。

これからも色々な材に触れその材にあった施工法などを学んでいきたいです。


2020/04/21

非常事態宣言を受け今回の自然再生士実地研修は残念ながら中止となってしまいました。

そこで現地の状態を少しですが報告いたします。

 

事前準備で実験を行った水田ですが、5%10%15%とすべての遮水層を形成した場所で水が溜まっている事を確認しました。

全体では常に一定量の入水が無いと干上がってしまうので、全体にベントナイトを用いた遮水層形成が必要そうです。

 

入水無し                      入水あり

_20200421_010837.JPG1587397303692.jpg

 

 

前回の研修で調査、マーキング、選択的除草を行った草地ではササなど、保護対象外植物がまだ小さいため

リドウなどいくつかの野草を確認する事が出来ました。今回の様子からすると頻繁な手入れをせず現状を維持できそうです。

 

15554.jpg

DSC_1371-1.JPG_20200421_011247.JPGDSC_1389.JPG15553_0.jpg

前回触れていない沢と萌芽更新ですが、沢はまだ水温が低いのか魚は確認出来ませんでしたが、水量と溜まりの水深は

しっかりとありました。

萌芽更新は芽がだいぶ成長してきたので、(もやわけ)などの作業が必要になってくると思います。

_20200421_011109.JPG

 

 

 

 


お問い合わせはこちら TEL.03-3415-8605 FAX.03-3415-5712 受付時間 9:00~19:00(月~土)