庭日記

2019/06/15

 

 

2019年(令和元年)、今年も梅雨の季節となりました。

 

梅雨といえば、日照時間が短く、雨が多く、気分も落ち込みやすいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、梅雨は紫陽花(あじさい)が楽しめて、雨でも心が少し明るくなる。

そんな季節でもあります。

 

ジメジメした梅雨に、彩りと楽しみを添えてくれる

紫陽花(あじさい)。

 

今回はその、あじさいのマメ知識ついて書かせていただきます。

——————————————————————-

 

あじさいは樹高が1〜2mほどの落葉低木です。

はっきりと葉脈が浮き上がり、光沢のある葉っぱをつけます。5〜7月にかけてピンクや青色の花を咲かせ、雨にぬれても元気なことから、梅雨の代名詞ともいわれています。

 

そんなあじさい。

まず多くの方は、「あじさいの花」と聞くとまず大きな花弁をイメージされるかと思います。

しかし実はこの、大きな花であると思われている部分は花弁ではなく、花弁を支える萼(がく)片なのです。

そのため、本来のあじさいの花は、萼片の奥にある小さく色づいた部分なのです。

皆さまご存知でしたでしょうか。

 

 

そしてあじさいの名前の由来は、「あづ(集まる)」と「さあい(青い花)」の2つの言葉からできていて、

その「あずさあい」が時の流れとともに変化し、現在の「アジサイ」という名前になったといわれています。

 

 

原産国が日本であるあじさいには、現在50以上の多様な品種があり、それらを大きく分類すると「ガクアジサイ」と「ハイドランジア」の2種類に分類することができます。

現在、一般的に見られるあじさいは西洋種である「ハイドランジア」です。

「ハイドランジア」は、日本固有種であった「ガクアジサイ」を西洋で品種改良し、大正時代に日本に逆輸入されたといわれています。

 

「ガクアジサイ」は、萼片が密集した花の外周を覆うように広がっている外見をしています。一般的にイメージされる丸い形ではなく、平たい形です。

 

 

そしてもう一つ豆知識。

 

実はあじさいの花の色は土壌によって変化するといわれています。

根っこから吸収されるph値(酸性・アルカリ性の度合い)によって花色を変えるというこれまた、面白い性質を持っています。

 

そのため、あじさいを植えている土壌が酸性の場合青色の花となり、逆にアルカリ性の場合はピンク色になります。

 

町を歩いている時もそんなことを知っていると「花がピンクだから土はアルカリ性なんだ」と別の視点で見ることもできるかもしれません。

 

 

 

いかがでしたしょうか。

紫陽花(あじさい)。

種類、形、色、花言葉、他にもたくさん面白いポイントがありそうです。

 

梅雨のこの季節、6月上旬~7月上旬頃にかけて、全国各地のあじさいの名所が中心となって、催し物や祭りあじさい祭りなどが開催されています。

 

そんなあじさいについて、ちょっとした知識と傘をもって、家族や友人、お子様方と雨の日にお出かけするのも素敵ではないでしょうか。

 

(ブログ担当:加藤)

 

 


2019/06/09

関東地方も梅雨入りが発表され、ジメジメとした日々が続いています。

この時期はカビが発生しやすいので注意が必要ですね・・・

 

先日、筧の交換のご依頼を受け作成交換を行いました。

筧は水触れているものなのでカビが発生しやすく、

「きれいな状態を保ちたい」と言うご要望を受け交換しました。

 

筧とは水源から縁先に水を引くための仕掛けの事で、その水の落ちる音が好まれ

平安時代末ころから用いられたとされてて、多くの和歌などにも詠まれています。

その後、茶庭に山里の風景が好まれるようになると先日ブログで紹介した蹲踞に組み合わされるようになり

現在でも茶庭の路地の蹲踞に作られています。

もちろん竜安寺の蹲踞にも筧が取り付けられています。

 

筧にはいくつか種類がありますが矢藤園ではトの字型のものを作成しています。

これは、立ち上がりの竹に穴をあけ水口の」竹を差し込んだものです。

 

庭園などでは立ちあがりに駒頭とよばれる木片を取り付けそこに水口の竹を差し込んだもの

をよく見かけます。

 

筧を眺めて水の滴る音に耳を傾けると昔の歌人達が詠んだ歌の情景が思い浮かびます。

 

 


2019/06/03

6月を迎え、今年もあっと言う間に半年が経ち、夏の訪れと梅雨入りに備える時期となりました。

 

先日、手入れ作業中、お庭の一角にて蹲踞(つくばい)を見かけました。

 

静かに落ちる水滴の音と広がる美しい波紋。

そこには時間がゆっくりと流れていて

暑さをも忘れさせ、

忙しい心を癒してくれるような空間がありました。

 

———————————————————————

 

ということで、今回はその蹲踞(つくばい)、について記事を書かせていただきます。

 

つくばいとは露地(茶庭)に使われる添景物で、もともと

茶室に入る前に、手を清めるために置かれたものです。

その手を洗う時「つくばう(しゃがむ)」ことからその名がついたようです。

 

 

実はこのつくばい、枯山水の方丈石庭で有名な龍安寺にも、「知足の蹲踞」という、これまた有名なつくばいがあるんです。

 

このつくばいの石の、真ん中は四角くなっており、それを囲むように「五・隹・疋・矢」の4字が刻まれています。

 

この真ん中の水を溜めておく四角い穴を、漢字の口の字になぞらえて、上から時計回りに読み解くと「吾唯知足」という言葉が浮かび上がります。

 

吾唯知足には『われ、ただ足るを知る』という意味が込められており「不満に思わず満足する心を持ちなさい」という戒めの意味が込められているのだとか。

 

 

モノや情報が溢れるこの時代で、あれも欲しい、これも欲しいなどと、欲求のスパイラルに陥ることも少なくありません。

自分に欠けているもの、ないものばかりに目を向けるのではなく、まずは自分の持っているものに満足し、そして感謝できるようにしなさい。

と現代人にも訴えかけているように私は感じます。

 

日本の庭にはそんな思想や、生き方を考えさせる要素が沢山あります。

(ブログ担当:加藤)


先日、世田谷区内にお住まいのお客様のご自宅にてフェンスの改修工事を行いました。

元々目隠しのためアルミフェンスが設置されていたのですが、殺風景ということで

以前竹垣を取り付けていました。今回はその竹垣が風化してきたのでウッドフェンスへ改修を行いました。

 

使用した材料は国産木材。ですが以前紹介したものとは違い防腐剤が中まで注入されたものを使用

注入されている薬剤は環境安全性もクリアしていて安心長持ちです。

色は淡い緑色で木目もはっきりしていてとても落ち着いた印象をうけます。

 

現在は腐らないという点から擬木を使用したデッキ、フェンスなどが多くみられますが

生活の中で木の温もりを感じたいと言う方はこのACQ材の使用も検討してみてはいかがでしょう


注文住宅を検討されるお客様向けの情報誌。HOUSING by suumoさんから本日取材を受けました。

テーマは外部に「木材を使って心地よい住まいづくり」です。木材は腐る・弱い・メンテナンス大変などのマイナスイメージがあるかもしれませんが。

適した工法をとるこで、長持ちします。大事になのは、お施主様の希望やライフスタイルに寄り添うデザインだと思います。

木材の固定観念にとらわれず、専門家の提案を受けてください。

理想は、家づくりの最初の段階から。建築設計と造園設計を同時並行で進めることです。また、造園の予算を確保した上で建築の計画を進めることが

満足度の高い家づくりへと繋がります。お施主様・建築家・造園家のチームを是非作ってください。きっと、創造を超える暮らしが待っています。


お問い合わせはこちら TEL.03-3415-8605 FAX.03-3415-5712 受付時間 9:00~19:00(月~土)