庭日記

境界のウッドフェンス

 

先日、会社敷地内の境界に目隠し用のウッドフェンスを作成しました。

隣地と高低差があるため、ベースのブロックにアルミ柱を取り付け

目隠しできる高さまで立ち上げました。

 

今回は国産の木材を使用して施工を行いました。

国産材はハードウッドに比べて耐久性が劣るものの

防腐剤処理を行うことである程度の耐久性を得ると共に

安価で風化の様子も味として楽しむことができます。

 

朽ちた際にはその部分だけ張り替えることができるので

メンテナンス時の心配も少ないと思います。

 

[2019/04/27]
お問い合わせはこちら TEL.03-3415-8605 FAX.03-3415-5712 受付時間 9:00~19:00(月~土)