庭日記

杉皮塀

 

先日、個人のお客様宅にて杉皮塀の作り直しを行いました。

 

杉皮と言う材料にあまり馴染みがないかもしれませんが、字のごとく伐採した杉の皮を剥いだ建材で、主に壁や屋根の下地、仕上げに使われます。

 

杉皮はとても耐久年数が長く防腐処理などを行わないでも数十年も耐えることができ、瓦屋根の下地として使えば防水材としての役割を果たし

雨漏りを防いでくれます。また、仕上げとして使えば自然で素朴な味わいのある見た目で、ウッドフェンスなどの板より長持ちする壁が出来上がります。

 

今回作り直した杉塀も骨組みである木材の破損、柱の腐食があり、ご依頼頂きましたが解体してみると杉皮自体はまだしっかりした状態

腐食などは見受けられませんでした。今回は、そんな杉皮にも負けないよう柱もしっかり防腐剤処理し足元は基礎に埋め込みました。

 

近年では腐食を嫌い、擬木などが主流になりつつありますが先人の知恵を借り自然材のポテンシャルを引き出すような事をもっとやっていけたらなと思います。」

 

 

 

[2020/02/07]
お問い合わせはこちら TEL.03-3415-8605 FAX.03-3415-5712 受付時間 9:00~19:00(月~土)