庭日記

先日、世田谷区内にお住まいのお客様のご自宅にてフェンスの改修工事を行いました。

元々目隠しのためアルミフェンスが設置されていたのですが、殺風景ということで

以前竹垣を取り付けていました。今回はその竹垣が風化してきたのでウッドフェンスへ改修を行いました。

 

使用した材料は国産木材。ですが以前紹介したものとは違い防腐剤が中まで注入されたものを使用

注入されている薬剤は環境安全性もクリアしていて安心長持ちです。

色は淡い緑色で木目もはっきりしていてとても落ち着いた印象をうけます。

 

現在は腐らないという点から擬木を使用したデッキ、フェンスなどが多くみられますが

生活の中で木の温もりを感じたいと言う方はこのACQ材の使用も検討してみてはいかがでしょう


注文住宅を検討されるお客様向けの情報誌。HOUSING by suumoさんから本日取材を受けました。

テーマは外部に「木材を使って心地よい住まいづくり」です。木材は腐る・弱い・メンテナンス大変などのマイナスイメージがあるかもしれませんが。

適した工法をとるこで、長持ちします。大事になのは、お施主様の希望やライフスタイルに寄り添うデザインだと思います。

木材の固定観念にとらわれず、専門家の提案を受けてください。

理想は、家づくりの最初の段階から。建築設計と造園設計を同時並行で進めることです。また、造園の予算を確保した上で建築の計画を進めることが

満足度の高い家づくりへと繋がります。お施主様・建築家・造園家のチームを是非作ってください。きっと、創造を超える暮らしが待っています。


2019/05/10

桜の見頃を終え、4月中旬から5月に入ると、ツツジやサツキの花見頃の時期を迎えました。

お庭や道路、公園の前を通るとピンクや薄紫、紅色、白など様々な色の綺麗なツツジを見かけます。

そんなツツジを見ながら、子供の頃に、よくツツジの花の甘い蜜を吸った記憶を思い出します。

 

今回はそのツツジやサツキについて少しご紹介させてただきます。

 

そもそもツツジとサツキの違いはなんでしょうか。

 

ツツジとはツツジ科の植物で、学術的にはのツツジ属の植物の総称のことを指します。

一方、サツキはツツジ科ツツジ属の一種で、5月頃に咲くことから「サツキツツジ」という名がつきました。

 そのためサツキも、ツツジの中の一種ということになります。

 

この2つはよく似ていいますが、見分けるポイントがあります。

 

まずは花の大きさです。

ツツジの花の大きさは5~7cmであるのに対し、

サツキは3.5~5cmと少し小ぶりになります。

また葉の性質もツツジは、表側は光沢がなく裏側は服に付きやすいなどの特徴があるのに対し、サツキは表面がツルツルしているなど違いがあるようです。

 

また、花の咲く時期にも違いがあり、

ツツジは4月に花が咲いたあと、5月に新芽が出るのに対して、サツキは5月の新芽が出る頃に蕾がつき、そのあと花が咲くなどの違いがあります。

 

しかし、最近ではサツキとツツジは人工交配などにより見分けが難しいものも増えています。

 

ちなみにツツジには他にもシャクナゲを代表として、キリシマツツジ、オオヤマツツジ、レンゲツツジ、ミツバツツジなどたくさんの種類があります。

 

全国各地でツツジ祭りや、フェアが行われているようですのでこの時期にツツジを楽しみに、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

 


先日、会社敷地内の境界に目隠し用のウッドフェンスを作成しました。

隣地と高低差があるため、ベースのブロックにアルミ柱を取り付け

目隠しできる高さまで立ち上げました。

 

今回は国産の木材を使用して施工を行いました。

国産材はハードウッドに比べて耐久性が劣るものの

防腐剤処理を行うことである程度の耐久性を得ると共に

安価で風化の様子も味として楽しむことができます。

 

朽ちた際にはその部分だけ張り替えることができるので

メンテナンス時の心配も少ないと思います。

 


先日弊社の敷地内にて、縁石取り付け工事を行いました。

今回は住宅の境界に、軽井沢の浅間石の据え並べをしました。

 

昨日投稿の日記で紹介されている「乱貼り」とはまた違い、石の良さがでる縁石。

石の一つ一つは、人間のように異なった表情をしているので、水に濡れた様子や光の反射具合で様々な観え方をします。石の置き方一つで、空間に個性が出てきます。

縁石取り付け工事は整地から始まり、水糸で高さや端を合わせ、仕上がりを計算して…慎重に…施工していきました。

石を通して見る庭は観え方が毎日変わっていくのでとても魅力的です。


お問い合わせはこちら TEL.03-3415-8605 FAX.03-3415-5712 受付時間 9:00~19:00(月~土)