庭日記

自然と人工

 

突然ですが、“自然”と”人工”の違いって何でしょう。

 

これは、私がこの仕事を始めてずっと気になっていたテーマのひとつです。

 

皆さんも、もしかしたらそんなことを考えたことはあるかもしれません。

 

今回はその自然と人工について私なりに考察しました。

少し哲学的になるかもしれませんがどうぞお付き合いください。

 

———————————————————————

 

“自然”と”人工”について

 

 

まず、自然を思い浮かべるなら、木や、石、山、海、川、虫、花などをイメージするかもしれません。

 

それに対して人工は、人間が作ったもの→車、都会のビル、家、コップ、機械などなど。

 

 

しかし、田んぼどうでしょう。

人が整地をし、そこに水を流し、作物を育てます。

その田んぼには、カエルやタニシなどの生物が住み着きます。

そこにあるのは、自然でしょうか?人工物でしょうか?

 

それでは、これはどうでしょうか。

人間が作った家は人工物

蜘蛛が作った蜘蛛の巣は自然?

この違いは何でしょうか。

 

寂れた建物の壁に、ツタが這うように覆い、経年変化のヒビや、錆びで朽ちているのを見ると、その境界線はどこなのだろうと感じます。

 

 

 

このように考えていくと、その違いをつくっているのは、人の意識のような気がします。

 

自然も人工物も、時間的、空間的に、混ざり合い、濃淡が変わり流動し続けます。

 

 

 

そもそも「自然(シゼン)」という言葉は明治時代までなかったようです。

西洋の“nature”の訳語から、自然(シゼン)という言葉が定着したようです。

それまでの日本では自然を(ジネン)という呼び方で捉えていました。

 

 

自然(ジネン)とは、”自ずから然らしむ”ということです。

まさに、そのまま、あるがままの状態のことです。

 

 

つまり、人間と自然を二項対立する西洋的な考え方ではなく、人間もその一部となりうるという思想です。

 

「森羅万象」という言葉もその思想のひとつでしょうか。

 

 

人間と自然、人工物と自然、という分別ではなく、人間(人工物)もそのなかの一部であると考えると、あるべき姿が見えてくるような気がしました。

 

【ブログ担当:加藤】

[2019/09/08]
お問い合わせはこちら TEL.03-3415-8605 FAX.03-3415-5712 受付時間 9:00~19:00(月~土)